リノベーションでアパート・マンションの空室対策 リノリースCLUB山口 | 山口県宇部市

0836-39-1770 お問合せ

空室対策

空室を作る原因

全国の平均空室率は18.9%と言われています。なぜ、空室が増え続けているのでしょうか?

1.国内総人口の減少

「非婚化」、「晩婚化」の影響もあり「少子化」が社会問題に発展しています。現在1億2,800万人の国内総人口は2055年には8,900万人にまで減少すると推測されています。

2.賃貸物件の供給過剰

人口減少と新築物件の増加により、供給過剰の状態に更なる拍車がかかることが予想されています。

3.魅力のない部屋には住みたくない

全国の主要都市で賃貸住宅入居者の主な年代である20~30歳の方にアンケートを実施したところ、「賃料が安くても魅力のない部屋に住みたくない」と答えた人は86.5%にのぼりました。この数字からも入居者の志向を反映した、魅力ある家づくりの重要性が見えてきます。

空室を作らない部屋作り

空き室物件の特徴

こんな特徴お心当たりありませんか?

  • 採光がとれない
  • バランス釜がある
  • 風呂・トイレが同じ
  • 第一印象が悪い
  • 洗面化粧台がない
  • 洗濯機置き場が外部
  • 中途半端なリフォーム
  • 和室がある
  • 虫の死骸がある
  • 内覧がない
  • 定期掃除をしていない
  • インターネットで見れない
  • 必要な工事を怠っている

全国の大家様もこのようなお悩みをお持ちです

  • 建設時との話が違う。
  • 仲介業者からの家賃値下げ交渉が多い。
  • 敷金トラブルが増えている。
  • 空室が埋まらない。
  • 家賃が年々下がって収入が減っている。
  • お金をかけてリフォームしたが入居が決まらない。
  • 広告料の増額にともない支出が年々増えている。
  • 敷金・礼金がとれなくなってきた。
  • 現状回復費の負担が増えている。
  • 今後の賃貸経営をどうして良いかわからない。

全国で空き室が増え続けています。1つでも当てはまる方は、ますます空き室が増える可能性大です。
リノリースCLUBにて適切な対策をご提案致します!まずはお声をお聞かせください。